スマホケース通販CollaBornがiphone,Xperia,GALAXYなど30機種以上対応!
iPhone
Xperia
Galaxy
AQUOS
arrows
HUAWEI
Acer
Disney Mobile
FREETEL
Geanee
HTC
LGエレクトロニクス
Nexus
UPQ
ZenFone
ZTE
Other
ログイン カートを見る お問い合せ
MENU カートを見る

iPhoneの破損は日々の生活で防ぐことができる

Facebook Twitter Hatena
2018.02.21

iPhoneの破損にはどのようなものがあるか

iPhoneは非常にデリケートな商品ですので、ちょっとした拍子に破損をしてしまうことも少なくありません。破損をしてしまったiPhoneは、修理ショップ、交換ショップに行ってその代金を払ったり、データが全部消えてしまったりなど、非常に被害が甚大になる可能性もあります。面倒くさい手間暇を省くためにも、事前にできるだけ破損を防ぐ事が大切です。主な破損には、このような事があげられます。

まずは、内部の破損です。強く落としたり、ウイルスが入ったりなどが原因でデータの損傷やフリーズ、機能面に影響が現れる可能性があります。こうした壊れ方をすると、しっかりとバックアップを取っていない限りは、データが損失し、場合によっては、情報漏洩などに繋がることもあるでしょう。セキュリティ面からも非常に危険なタイプの破損内容です。

次に、見た目の損傷です。よくあるのが本体を落として画面を割ってしまったというものですが、こちらは自力での修理はまず不可能です。画面を交換修理すれば話は別ですが、非常にお金がかかりますので、そう簡単に直せないという方も多く、そのままの画面で利用をしている方も多いでしょう。iPhoneは外部からの損傷に特に弱いため、落とさないように日頃から注意をしないといけません。いわゆる歩きスマホの状態は、落とすリスクを大幅にアップさせますので、安全面から考えてもやめましょう。

このように、主に二つの損傷が起こりやすく、いずれも人為的なものがほとんどである事が知られています。自力での修理が難しいため、事前に対策をしておくことで、破損など様々なトラブルを軽減することができるでしょう。いまやスマホは日常生活に欠かせないものですので、それが故障し使えなくなってしまうという精神的なショックを減らすことにも繋がります。



iPhone損傷を事前に防ぐコツは?

iPhoneは、主に二つの損傷をする可能性がありますが、事前に対策をしておくことで、破損からiPhoneを守ることが可能です。例えば、次のような対策をしておくと良いでしょう。

まずは内部を守る方法ですが、事前にPCやクラウドにバックアップを取っておくと、万が一の際にも安心です。人によっては毎日バックアップを取っているという方もいますが、そこまでまめにやらなくても構いません。定期的にデータが増えたと思ったら、バックアップを取るようにしましょう。そうすることで、被害を軽減することができます。

次に外部ダメージから守る方法ですが、やはり重要なのは、ケースに入れることと保護シールを張ることです。むき出しのまま、購入した状態で持ち歩いているという方も少なくありませんが、危険ですのでやめましょう。iPhone本体をすっぽりと覆ってガードしてくれるようケースは数多くあります。手帖タイプや通常のタイプ、シリコン製やプラスチック製、革製など、いろいろとありますので、自分の好みのものを選んでみて下さい。また、破損トラブルで最も多い画面割れを防ぐために一躍買うのが保護シールです。特にガラス製の場合は耐久性が強く、落としたときにも画面をしっかりとガードして守ってくれます。

物理的ダメージやウイルスなどによる内部損傷はいつ発生するかわからないものです。だからこそ、万が一の自体に備えて事前に対策をしておくことが、iPhoneを守るだけではなく、持ち主のあなた自身のプライバシーな部分の流出による精神的ダメージから守ることに繋がるでしょう。



早め早めにiPhoneショップに行く

万が一、画面が大幅に割れてしまったり、内部情報が損失してしまったりという場合には、それ以上被害が広がる前にできるだけ早くショップに行くようにしましょう。損失の状態が軽い場合は修理費用などもそこまでかからないことが多いですが、手の施しようがない場合は交換をする必要がありますので、ある程度の費用がかかることになるでしょう。もちろん状態によっては早めに行ってもお金がかかりますが、それ以上放置すると、被害が拡大する恐れがあります。特に内部からの損傷で、原因がよくわからないという場合はそのまま放置すると、情報漏洩などの危険な事態に巻き込まれる可能性も少なくありません。

公式ショップの場合は事前に予約をすることで、待ち時間が少なくスムーズに案内をしてもらえます。もちろんその時の混雑具合にもよりますが、平日であれば、そのまま予約なしで案内をしてもらえる事もあります。基本的には予約制のお店がほとんどですので、事前に電話などで連絡をして、お店に向かうようにしてください。予約をする際にはiPhoneの状態を詳しく説明し、担当スタッフがわかりやすいようにしておきましょう。

破損はできるだけ事前に防ぐことが大切ですが、万が一防ぐことができなかった場合は、それ以上被害が拡大してしまう前にショップに行って修理をしましょう。修理ができずに交換になる場合もありますが、保証に入っていれば安心です。iPhone購入の際にショップで保証をつけている方は、必ずその旨を伝えて、保証を利用しましょう。保証に加入しておくことも一つの対策といえます。

Facebook Twitter Hatena

RELATED ARTICLE
関連記事

iPhoneの破損にはどのようなものがあるか iPhoneは非常にデリケートな商品ですので、ちょっとした拍子に破損をしてしまうことも少なくありません。破損をしてしまったiPhoneは、修理ショップ、交換ショップに行ってそ […]

2018.04.06

iPhoneの破損にはどのようなものがあるか iPhoneは非常にデリケートな商品ですので、ちょっとした拍子に破損をしてしまうことも少なくありません。破損をしてしまったiPhoneは、修理ショップ、交換ショップに行ってそ […]

2018.04.06

iPhoneの破損にはどのようなものがあるか iPhoneは非常にデリケートな商品ですので、ちょっとした拍子に破損をしてしまうことも少なくありません。破損をしてしまったiPhoneは、修理ショップ、交換ショップに行ってそ […]

2018.03.19

iPhoneの破損にはどのようなものがあるか iPhoneは非常にデリケートな商品ですので、ちょっとした拍子に破損をしてしまうことも少なくありません。破損をしてしまったiPhoneは、修理ショップ、交換ショップに行ってそ […]

2018.03.19

iPhoneの破損にはどのようなものがあるか iPhoneは非常にデリケートな商品ですので、ちょっとした拍子に破損をしてしまうことも少なくありません。破損をしてしまったiPhoneは、修理ショップ、交換ショップに行ってそ […]

2018.03.14
CATEGORY
記事カテゴリー