スマホケース通販CollaBornがiphone,Xperia,GALAXYなど30機種以上対応!
iPhone
Xperia
Galaxy
AQUOS
arrows
HUAWEI
Acer
Disney Mobile
FREETEL
Geanee
HTC
LGエレクトロニクス
Nexus
UPQ
ZenFone
ZTE
Other
ログイン カートを見る お問い合せ
MENU カートを見る

iPhoneの画面が割れたしまったときの対処法一覧

Facebook Twitter Hatena
2018.02.21

iPhoneの画面が割れた

iPhoneは、通常のスマホなどに比べると、ちょっとした衝撃で画面が割れてしまいます。小型のパソコンのようなものですので当然と言えば当然なのですが、持ち運びをする分落とすリスクも高いため、多くのユーザーが一度はこのような経験をされているのではないでしょうか。そんなデリケートなiPhoneですが、修理費用や交換の手間などを考えて、そのまま使っているユーザーも大勢います。画面が蜘蛛の巣のようにバリバリに割れた状態で、見にくいながらも利用している人は少なくないでしょう。実際に機能には問題がなく使用することができる場合は、ただ見にくいという理由だけで、交換することをためらうユーザーは少なくありません。

割れた状態になると、徐々に機能が落ちていくのかというと、そうではないという事がわかっています。もちろん、落とした直後から徐々に調子が悪くなるという方も多いですが、割れてから数年経っても、何の問題もないと感じているユーザーも多いのです。そのため、割れてもそのまま利用し続けるという方は後を絶ちません。割れ方が少しという場合や、全く見えないほどの点のような傷というのであれば話は別ですが、基本的には対策をしないと危険な場合もあります。そのため、割れた後はできるだけ早めに画面の対策を行うように心がけましょう。

対策方法は、自力で行う方法と、ショップに修理に出す方法の二つがあげられます。あまりにも酷い場合は、できるだけ早く修理交換しなければなりませんが、そうではない場合は、自力で行う対処法もあります。修理するほどお金をかけずに、すぐ対処することができる方法もありますので、対処法をいくつかチェックして、自分に合っている方法を見つけてみませんか。



iPhone修理を自力で行う対処法

iPhoneの画面が割れた際には、多少の傷であれば、自力で行うことのできる対処法をするのもおすすめです。もちろん、あまりにも酷い場合は話が別ですが、まずはこのような対処法をしてみましょう。

液晶保護シールをつけている場合、保護シールが割れているのか、液晶が割れているのかの確認をします。ガラス製の保護シールの場合は、画面は割れておらず、シールのみを交換すればOKという場合も少なくありません。そのまま無理して利用せず、シール交換をしてクリアな画面を取り戻しましょう。シールを確認する際には、ガラスシールの場合は特に、一度はがすと割れてしまう恐れもありますので、使い回しができないことを覚悟の上ではがしましょう。

また、シールには異常がなく、液晶画面が割れてしまっている、シールも液晶画面も両方割れてしまっているという場合は、ひとまず応急手当として、新しい保護シールを貼り直してみましょう。あまりにも画面が割れている場合は難しいですが、多少であれば、シールを貼り替えるだけで問題なく利用することができる場合があります。もちろん、多少でも割れていることに変わりはありませんので、シールの張り直しの際には、画面をより割ってしまわないように注意をしましょう。

保護シールを自力で貼ることができる場合は問題ありませんが、自力できれいに貼れない、気泡が大量に残っていたり、ずれている状態ですと保護シールの意味がありません。自分では難しいという場合は無理をせずに、ショップの店員さんなどに依頼をすることできれいに貼れる場合があります。



壊れたiPhoneをそのまま使うと危険

割れた画面は、ある程度あれば保護シールを貼って対処をすることで問題なく利用することができる場合があります。ですが、あまりにも画面が悲惨な状態で利用すると、次のようなリスクが発生する恐れがあります。

例えば、割れた画面が指に突き刺さるということです。保護シールがガラスではなく、薄いタイプの場合は特に、貼り替えをしてもガラスがシールを突き破り、指に刺さると言うことが少なくありません。細かい破片が飛び散って、目に入るという危険性もあるでしょう。シールはできるだけ早く貼り替えて、その後も油断をしないようにすることが大切です。また、貼り替える際にはできるだけ、耐久性が高いガラスタイプの保護シールを貼るようにしましょう。

次に、割れた液晶画面を見続けることで、視力低下に繋がるというリスクです。割れている状態の画面を見続けると目に負担がかかり、視力低下をはじめ、さまざまな目のトラブルの原因に繋がる可能性があります。動画をクリアに見られないという単純な理由だけではなく、動画を見るたびに目に大きな負担がかかるというリスクを生みかねません。あまりにも酷い場合は、即座に修理ショップに行ってしっかり対処してもらいましょう。

このように、画面が割れてからも無理をして利用し続けるとけがに繋がる可能性があります。お子さんが利用してけがをする場合もありますので、できるだけショップに行くか、保護シールなどを使って画面の保護を行うようにしましょう。

Facebook Twitter Hatena

RELATED ARTICLE
関連記事

iPhoneの画面が割れた iPhoneは、通常のスマホなどに比べると、ちょっとした衝撃で画面が割れてしまいます。小型のパソコンのようなものですので当然と言えば当然なのですが、持ち運びをする分落とすリスクも高いため、多く […]

2018.04.06

iPhoneの画面が割れた iPhoneは、通常のスマホなどに比べると、ちょっとした衝撃で画面が割れてしまいます。小型のパソコンのようなものですので当然と言えば当然なのですが、持ち運びをする分落とすリスクも高いため、多く […]

2018.04.06

iPhoneの画面が割れた iPhoneは、通常のスマホなどに比べると、ちょっとした衝撃で画面が割れてしまいます。小型のパソコンのようなものですので当然と言えば当然なのですが、持ち運びをする分落とすリスクも高いため、多く […]

2018.03.19

iPhoneの画面が割れた iPhoneは、通常のスマホなどに比べると、ちょっとした衝撃で画面が割れてしまいます。小型のパソコンのようなものですので当然と言えば当然なのですが、持ち運びをする分落とすリスクも高いため、多く […]

2018.03.19

iPhoneの画面が割れた iPhoneは、通常のスマホなどに比べると、ちょっとした衝撃で画面が割れてしまいます。小型のパソコンのようなものですので当然と言えば当然なのですが、持ち運びをする分落とすリスクも高いため、多く […]

2018.03.14
CATEGORY
記事カテゴリー