スマホケース通販CollaBornがiphone,Xperia,GALAXYなど190機種以上対応!
iPhone
Xperia
Galaxy
AQUOS
arrows
HUAWEI
Acer
Disney Mobile
FREETEL
Geanee
HTC
LGエレクトロニクス
Nexus
UPQ
ZenFone
ZTE
Other

5,000円以上購入
送料無料

ログイン カートを見る お問い合せ

ログイン カート メール

5,000円以上購入で送料無料
MENU カートを見る

自分に合ったスマホケースの選び方

Facebook Twitter Hatena
2018.04.06

携帯を変えるとき、多くの人がスマホケースを利用しています。しかし、すぐに飽きてしまったり、使いにくくなってしまうことで、頻繁に変えてしまう人もいるのではないでしょうか。スマホケースを購入する前に正しい選び方を把握することで、自分に合ったものを見つけましょう。

 

素材と種類の特徴を知る

 

スマホケースの選び方として、素材で選ぶという選択ができます。素材として使われているものは、レザー素材、シリコン素材、ポリカ―ボネート素材、アルミ素材、TPU素材、木材などがあります。

素材それぞれにも特徴があり、レザー素材は手帳型のケースに使われていることが多いです。他の素材に比べると掴みやすいので、手にフィット感を必要としている人におすすめです。シリコン素材でできているスマホケースは、ゴムのような柔らかいという特徴があります。柔軟性とクッション性に優れている素材なので、地面に落としてしまっても衝撃を和らげるとともに、端末を守ります。他にも素材によってさまざまな特徴を持っているので、購入前に知識として取り入れるようにしましょう。

また、スマホケースの種類も豊富なので、好みのものを選べます。一般的には、クリアケース、バンパーケース、ハードケース、手帳型ケース、防水ケースなどがあります。このなかで、スマホ自体のデザインを楽しみたい場合は、クリアケースがおすすめです。ほかのものに比べて透明感が高く、シンプルなデザインが特徴です。また、低価格なものが多く、コスパ重視で選ぶ人に人気です。

バンパーケースは、コーナー部分の保護を重視に作られたスマホケースです。コーナー部分をしっかりと保護をすることで、落とした時にキズが残るのを防ぎます。しかし、取り付けにネジが必要になる場合や着脱が難しいなどのデメリットもあるので、注意が必要です。このほかにも、種類によってメリットデメリットがあるので、購入前に確認をしましょう。

 

機能性は自分の生活に合ったものを

 

スマホケースはデザインはもちろん、機能性で選ぶ人も多いのではないでしょうか。数あるスマホケースのなかで、機能性重視で選ぶなら手帳型がおすすめです。手帳型は、手帳の形をしたスマホケースのことです。スマートフォン全体を覆うことで、ディスプレイから背中側までしっかりと保護できます。また、他のケースに比べて交通ICカードなどを入れるカードポケットやスマートフォンの角度を変えることができるスタンド機能、女性にうれしい化粧直しができる鏡がついているものなど、多くの機能を持っています。

また、上手に利用することで、電車に座ったとき、バス内などでの携帯ののぞき見を防ぐ機能もあります。そのため、プライバシーを守ることができます。最近販売されている手帳型は、デザインがおしゃれなものが多く、人気ファッションブランドとコラボしたものや見た目やデザインに力を入れたものが販売されています。なかには、レザーを使用して作られているものもあり、手触りがいい点を気に入っている人もいます。

なにかと便利な手帳型のケースですが、もちろんデメリットもあるので注意が必要です。手帳型は、使うたびにカバーを開閉する必要があります。また、通話時にディスプレイ部分のカバーが邪魔になることもあります。そのため、操作性を重視して選ぶ人には使いにくいケースといえます。

 

各カバーのデメリットも知る

 

スマホケースには多くのタイプがありますが、選び方として購入前にデメリットも知っておくようにしましょう。先ほど紹介した手帳型にも、もちろんデメリットがあります。手帳型のスマホケースには、人によっては通話時やメールを打つときにふた部分が邪魔になってしまうことがあります。また手帳型のスマホケースの場合、カメラの使用時に不便さを感じる人がいます。カメラの使用時にカメラのレンズ穴がないことやレンズ穴の位置がずれてしまうケース、構えが安定しにくいといった点が挙げられます。また、手帳型は他のスマホケースに比べると厚みが増してしまうので、スタンドに置けないことがあります。置けたとしてもバランスを崩し倒れてしまう可能性もあります。

ハードケースの場合は、スマートフォン内に熱がこもりやすくなります。そのため、熱に弱いバッテリーを痛めてしまうことがあり、バッテリーの寿命を短くしてしまいます。また、プリントされているデザインが傷に弱いことが多いので、塗装がとれやすいです。耐久性も弱いことが多く、落とすとケースが割れてしまうことがあります。

ソフトケースの場合は、火や熱に弱いです。夏場に太陽の光が当たる車内に置いておくと、熱で変形してしまったり、ぐにゃぐにゃになってしまうことがあります。この状態になってしまうと、ケース自体の劣化が進み、プリントされたデザインにも影響がでることがあります。

このように、それぞれデメリットがあるので、購入前に確認をするようにしましょう。

 

まとめ

 

スマホケースを利用することで、普段使う携帯を自分好みに変えることができます。素材や機能を理解して、自分に合ったスマホケースを見つけましょう。

Facebook Twitter Hatena

RELATED ARTICLE
関連記事

携帯を変えるとき、多くの人がスマホケースを利用しています。しかし、すぐに飽きてしまったり、使いにくくなってしまうことで、頻繁に変えてしまう人もいるのではないでしょうか。スマホケースを購入する前に正しい選び方を把握すること […]

2019.03.05

携帯を変えるとき、多くの人がスマホケースを利用しています。しかし、すぐに飽きてしまったり、使いにくくなってしまうことで、頻繁に変えてしまう人もいるのではないでしょうか。スマホケースを購入する前に正しい選び方を把握すること […]

2018.09.03

携帯を変えるとき、多くの人がスマホケースを利用しています。しかし、すぐに飽きてしまったり、使いにくくなってしまうことで、頻繁に変えてしまう人もいるのではないでしょうか。スマホケースを購入する前に正しい選び方を把握すること […]

2018.09.03

携帯を変えるとき、多くの人がスマホケースを利用しています。しかし、すぐに飽きてしまったり、使いにくくなってしまうことで、頻繁に変えてしまう人もいるのではないでしょうか。スマホケースを購入する前に正しい選び方を把握すること […]

2018.09.03

携帯を変えるとき、多くの人がスマホケースを利用しています。しかし、すぐに飽きてしまったり、使いにくくなってしまうことで、頻繁に変えてしまう人もいるのではないでしょうか。スマホケースを購入する前に正しい選び方を把握すること […]

2018.09.03
CATEGORY
記事カテゴリー