スマホケース通販CollaBornがiphone,Xperia,GALAXYなど30機種以上対応!
iPhone
Xperia
Galaxy
AQUOS
arrows
HUAWEI
Acer
Disney Mobile
FREETEL
Geanee
HTC
LGエレクトロニクス
Nexus
UPQ
ZenFone
ZTE
Other
ログイン カートを見る お問い合せ
MENU カートを見る

手帳型ケースが人気の理由

Facebook Twitter Hatena
2018.02.21

スマホカバーの素材

今や、10代の普及率は約94.0%、60代でも約47.0%も使っているスマホは、日本国民の「マストアイテム」と言っても過言ではありません。カバーを付け替えることの出来なかったフィーチャーフォンと比べると、カバーを自由に選べるので、同じ機種であっても、他人と違う雰囲気になったり、もちろん本来の目的である、本体の保護をするのにも大変役立っています。

カバーの代表的な素材としては、「シリコン素材」があります。「ラバーケース」や「ゴム製ケース」とも呼ばれています。ゴムのような柔らかさがあるため、手に持っていても滑りにくく、高い保護性能があります。カラーバリエーションが豊富で、価格が手ごろというメリットもあり、立体的なデザインのケースも作られています。

次に「ポリカーボネート」です。プラスチック系素材の固めのケースであるため、衝撃からしっかり守ってくれます。また熱に強く、燃えにくいという特徴もあります。カラーリングや、イラストの印刷もしやすいので、自作のスマホケースを作るときによく使われています。

「TPU素材」は、プラスチックの一種で、熱可塑性ポリウレタンです。「シリコン」と「ポリカーボネート」の間ぐらいの固さで、プラスチックとシリコン、それぞれのメリットを併せ持っています。「アルミ素材」は、素材の中でダントツの耐衝撃性と耐久性を持っています。高級感があり、かっこいいのが特徴です。「レザー素材」には、リーズナブルな合皮と、使うほどに手に馴染んでいく本革があります。素材が持っている、それぞれのメリットを把握することで、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。



手帳型ケースのメリット1

スマホケースには、背面カバーのみの「ジャケットタイプ」と、全体を見開きの本のように包む「手帳型タイプ」があります。最近、特に人気の出てきたスマホの手帳型ケースですが、人気に火がついたのは、2014年頃に発売されたスマートフォンの発売によってです。発売と同時に爆発的に売れましたが、「本体が薄すぎて、折れ曲がってしまう」のが難点でした。それをカバーするために、手帳型ケースを使う人が増え始め、現在に至ります。どうしてこんなに人気になったのでしょうか。手帳型ケースのメリットを考えてみましょう。

まず一番の特徴として、キズや落下の衝撃から、大事なスマホを守ってくれることが挙げられます。背面カバーだけの「ジャケットタイプ」は、背面や角は守ってくれますが、手帳型ケースだと、前面のディスプレイも含め、スマホを挟み全体を守ってくれます。

また、使っている時ではなく、バッグの中に入れているときも、意外とバッグの中に入っている小物と擦れてキズがついたりしますが、それからも守ってくれます。使っていない状態での誤作動を防ぐのにも、一役買ってくれます。さらに、前面のカバーがあることで、スマホを机の上に置いている時などに通知が来ても、他人から見られる心配がありません。

自分が知らない間に、たとえ見たのが家族や、恋人同士であっても、画面を見られているのはイヤなものですし、見るつもりがなくても見えてしまった場合も、罪悪感を抱いてしまいます。会議や、授業など、マナーモードにしたまま机に置いている時には、バイブの振動音が聞こえにくいのも、メリットの一つです。



手帳型ケースのメリット2

手帳型ケースには、様々な機能が付いているのも、人気を加速させた一因でしょう。「カードを入れられる」のは、電子マネーの機能がないスマートフォンユーザーには、嬉しい機能です。スマホで自動改札機を通れないので、手帳型ケースにカードを挟んでおくことで、スマホ一つで外出が可能になります。小銭を入れるポケットが付いているものもあります。特に、バッグを普段持たないという男性にはいいですね。このご時世、外出の際、バッグは持たなくても、スマホを持たない人はいません。

動画視聴サービスや、携帯書籍など、スマホの画面を長時間見る時には、スタンドになるものが便利です。ずっと手に持っておく必要がないので、手が疲れることもありませんし、見ながら両手が自由に使えます。

また、別売りの小型キーボードを使うことで、テキストの作成なども可能です。女性に嬉しいのが、「ミラー付き」です。「インカメラがついているから、別に必要ないのでは?」と思われるかも知れませんが、インカメラを何度も起動したり、化粧直しなど少し長い時間アプリを起動していると、電池の減りがかなり早くなってしまいます。起動の手間と、電池の減りを解消したミラー付きのケースは、まさに女性の味方です。ケース自体にボタンが付いていて、それを押すことで、ケータイのボタンと連動しているものもあります。

スマホケースは、大事なスマホを守ってくれると同時に、あなたらしさを表現してくれます。ぜひお気に入りの一品を見つけてください。

Facebook Twitter Hatena

RELATED ARTICLE
関連記事

スマホカバーの素材 今や、10代の普及率は約94.0%、60代でも約47.0%も使っているスマホは、日本国民の「マストアイテム」と言っても過言ではありません。カバーを付け替えることの出来なかったフィーチャーフォンと比べる […]

2018.04.06

スマホカバーの素材 今や、10代の普及率は約94.0%、60代でも約47.0%も使っているスマホは、日本国民の「マストアイテム」と言っても過言ではありません。カバーを付け替えることの出来なかったフィーチャーフォンと比べる […]

2018.04.06

スマホカバーの素材 今や、10代の普及率は約94.0%、60代でも約47.0%も使っているスマホは、日本国民の「マストアイテム」と言っても過言ではありません。カバーを付け替えることの出来なかったフィーチャーフォンと比べる […]

2018.03.19

スマホカバーの素材 今や、10代の普及率は約94.0%、60代でも約47.0%も使っているスマホは、日本国民の「マストアイテム」と言っても過言ではありません。カバーを付け替えることの出来なかったフィーチャーフォンと比べる […]

2018.03.19

スマホカバーの素材 今や、10代の普及率は約94.0%、60代でも約47.0%も使っているスマホは、日本国民の「マストアイテム」と言っても過言ではありません。カバーを付け替えることの出来なかったフィーチャーフォンと比べる […]

2018.03.14
CATEGORY
記事カテゴリー