スマホケース通販CollaBornがiphone,Xperia,GALAXYなど190機種以上対応!
iPhone
Xperia
Galaxy
AQUOS
arrows
HUAWEI
Acer
Disney Mobile
FREETEL
Geanee
HTC
LGエレクトロニクス
Nexus
UPQ
ZenFone
ZTE
Other

新型iPhone
発売&予約開始!

ログイン カートを見る お問い合せ

ログイン カート メール

【新型】iPhoneXS,XS Max,XRケース発売&予約開始!
MENU カートを見る

メリットが大きい手帳型スマホケース

Facebook Twitter Hatena
2018.02.20

普及が進むスマートフォンの壊れやすさ

普及が急速に進むスマートフォンですが、壊れやすいことが問題になることがあります。電車の中でも見かけることが多くなってきていますが、ほとんどの人がケースをつけていることに気が付くはずです。割合を見てみると8割にも及ぶという調査もあるほどですが、逆に2割の人は付けていないということも考えなければいけないでしょう。中でも、手帳型スマホケースをよく見かけるかと思いますが、なぜここまで普及したのかといえば、スマートフォンの構造に問題があるからです。

スマートフォンの特徴として、タッチパネルがあります。ボタンは存在せず、ガラスなどの面を触ることによって動作を感知するのが特徴です。このタッチパネルにもいろいろとありますが、現在スマートフォンに使われているのは「静電式」と呼ばれるものが一般的です。圧力ではなく、わずかな電気の流れで反応するようにしてあるのが特徴ですが、モニターとしての役割も持っているため、クリアにしなければいけません。そこで、ガラスが多く使われています。

ガラスですので、美しい輝きも作り出せる反面、小さな衝撃でも割れてしまうのが問題です。傷が入ったりするだけでも動作に問題が出てくるのですから、これを守らなければいけないでしょう。何も落とした時に割れるとは限りません。どこかにぶつけてしまうかもしれないでしょう。

さらに問題なのは、タッチパネルではない背面にもガラスが使われていることがあります。そして、これを修理するためには、時間がかかりますし、なにより驚くほど高額の請求が待っているのですから、利用者としてはたまったものではありません。こうした事故を防ぐためにも、スマートフォンにはケースが必要だといえるでしょう。しかし、すべての問題を防ぐことができるわけではありません。それでも、何割かの問題をカバーできるのであれば、つけておくほうが安全なことは確かでしょう。ただし、メリットばかりではなくデメリットもあることを考慮して選ぶことも大切です。



手帳型スマホケースで守ることの意味

いろいろなスマートフォンのケースがありますが、手帳型スマホケースは人気の高いものとなりました。スマートフォンケースとしては、かなり大きなものになりますが、表も裏もカバーすることができるようになるのは大きなメリットでしょう。

しっかりとつかむことができるため、滑りにくくなります。これも、もともとスマートフォンの持つデザインの性であり、滑って落として割ってしまうという事故を防ぐことができるようになるでしょう。表面が滑らなければ、使いにくいものになってしまうのですから、持ちやすくすることでリスクを減らすことができるようになります。そのため、ケースとして滑り止め加工というのも大事なポイントです。

傷をつけにくくするということも重要で、ちょっとしたことで傷をつけてしまうとそこから割れてしまう危険性も高まります。傷みやすくなるのは、大きなデメリットです。現在では、下取りもおこなわれるのがスマートフォンですので、その価値を下げるような行為はデメリット以外の何物でもないでしょう。手帳型スマホケースであれば四隅もしっかりと守ります。塗装面のあるタイプでもきれいに使うことができるようになるでしょう。



デメリットを上回るメリット

手帳型スマホケースは、見た目にも優れています。一見しただけでは、スマートフォンに見えないでしょう。しっかりとしたケースがほとんどですが、デメリットとして、スマートフォンを覆ってしまうため発熱の問題が出てきます。ゲームなどをしていて、かなり熱くなることを感じる人もいるはずですが、スマートフォンに強制排熱できる装置はついていません。そのため、背面は排熱しやすい素材や構造となっています。ケースをつけることでこの部分がおおわれてしまうため、放熱性は低下することになるでしょう。金属性のカバーなどはほとんど影響しませんが、手帳型スマホケースの場合には、皮や合皮となるため熱がこもりやすくなります。ハードな使用をする人には、向いていないといってもいいでしょう。

また四隅を囲うため、電波に影響が出てしまう可能性があります。抑え込むことで性能が落ちるといった例も過去にはありました。電波の受信が落ちる可能性があるということは、それだけ電波を拾おうとするのですからバッテリーを消費します。高温にもなりやすいということで、バッテリーの性能は低下してしまうのもデメリットです。

そして、分厚くなることで邪魔になってしまうことにもつながることが最も大きなデメリットでしょう。それでも、壊した時の金銭的なダメージや情報の保管ということを考えると、手帳型スマホケースにしておくことは、デメリットを上回るメリットがあります。壊してみてから後悔するのがスマートフォンです。修理したくてもできないほどの金額になることもあるのですから、転ばぬ先の杖として考えておいた方がいいでしょう。

Facebook Twitter Hatena

RELATED ARTICLE
関連記事

普及が進むスマートフォンの壊れやすさ 普及が急速に進むスマートフォンですが、壊れやすいことが問題になることがあります。電車の中でも見かけることが多くなってきていますが、ほとんどの人がケースをつけていることに気が付くはずで […]

2018.09.03

普及が進むスマートフォンの壊れやすさ 普及が急速に進むスマートフォンですが、壊れやすいことが問題になることがあります。電車の中でも見かけることが多くなってきていますが、ほとんどの人がケースをつけていることに気が付くはずで […]

2018.09.03

普及が進むスマートフォンの壊れやすさ 普及が急速に進むスマートフォンですが、壊れやすいことが問題になることがあります。電車の中でも見かけることが多くなってきていますが、ほとんどの人がケースをつけていることに気が付くはずで […]

2018.09.03

普及が進むスマートフォンの壊れやすさ 普及が急速に進むスマートフォンですが、壊れやすいことが問題になることがあります。電車の中でも見かけることが多くなってきていますが、ほとんどの人がケースをつけていることに気が付くはずで […]

2018.09.03

普及が進むスマートフォンの壊れやすさ 普及が急速に進むスマートフォンですが、壊れやすいことが問題になることがあります。電車の中でも見かけることが多くなってきていますが、ほとんどの人がケースをつけていることに気が付くはずで […]

2018.09.03
CATEGORY
記事カテゴリー