スマホケース通販CollaBornがiphone,Xperia,GALAXYなど30機種以上対応!
iPhone
Xperia
Galaxy
AQUOS
arrows
HUAWEI
Acer
Disney Mobile
FREETEL
Geanee
HTC
LGエレクトロニクス
Nexus
UPQ
ZenFone
ZTE
Other
ログイン カートを見る お問い合せ
MENU カートを見る

スマホカバーをしないとどんな危険性が?

Facebook Twitter Hatena
2018.02.20

外部からの衝撃から守る

現在では携帯電話に代わってスマホが台頭し、誰もがスマホを持ち歩くようになりました。一昔前だといわゆる「ガラケー」を持っているだけでも周囲の視線を釘づけだったものですが、今では従来の折り畳み式携帯電話はほとんど見かけなくなりました。スマホのほうがさまざまな使い道がありますし、豊富なアプリを使って仕事や生活に役立てることもできます。そんなスマホは専用のスマホカバーも販売されていますし、多くの方がカバーを使用していますが中にはそのままの状態で使っている方も少なくありません。現在販売されているスマホカバーはデザインも豊富ですし、あらゆるデザインの品がありますから選択肢は広いです。女の子好みの可愛いものから男性好みのシックなものまで実に多彩な製品が市場に出回っています。スマホをオシャレにしたいから、という理由でカバーを用いている方が多いですが、実はスマホケースをしないとさまざまなリスクが生じるということをご存じでしょうか?スマホは精密部品の塊ですし、れっきとした精密機械の一種です。そのため、落としたりして衝撃を与えると壊れてしまうことも多々あります。しかし、スマホケースを装着しておくと外部からの衝撃から守ってくれるため、壊れずに済みます。もちろん、衝撃の度合いにもよりますが、ちょっと落としたくらいで壊れてしまうことは少ないです。この耐衝撃性能がスマホケースを装着するもっとも大きな理由の一つです。ケースをつけていないと落としただけで壊れてしまうことがあります。ケースをつけていればケースにダメージは加わるかもしれませんが、スマホ本体にはダメージがない、ということは多々あります。スマホを守るためにもケースはつけておきたいです。

手帳型だと画面も保護できる

スマホカバーも現在では実に多彩な種類がありますが、手帳型のカバーも人気となっています。手帳型とは手帳のように開いて使えるタイプのスマホケースで、スマホを使う時には手帳の表紙をめくるようにして開けてから使います。ちょっと面倒くさそうに聞こえるかもしれませんが、このタイプの製品だとさらに大切なスマホをしっかりと守ることができます。スマホケースは外部からの衝撃を軽減するために有効、と先ほど説明しましたが、手帳型のケースだと画面もしっかり守ってくれます。ポケットやバッグなどに入れているときは手帳が閉じているような状態になっていますから、スマホの画面もきちんと保護してくれるのです。背面と側面だけを守るタイプの製品よりさらに強固に本体を守ってくれますからとても便利です。スマホは画面が大きい上にむき出しですから、ポケットやバッグに入れているだけで画面に小さな傷がついてしまうということもあります。保護シールを貼っていたとしても、ちょっと強い衝撃が加わるとスクリーンにひびが入ってしまったり、傷がついてしまうことは多々あります。手帳型のケースなら先ほどご説明したように画面をしっかり保護しているためそのような心配もありません。保護シールと組み合わせて使えば画面に傷がつくこともほとんどありません。手帳タイプは女性から特に人気が高くなっています。製品によっては鏡が内側に備わっているものもありますから、ちょっとした化粧直しなどに使うことも可能です。スマホをしっかり保護したい、ほかの便利な機能も使ってみたいという方は手帳型のケースが使いやすいです。

周りの視線を遮れる

スマホは画面が大きいだけに周囲からスクリーンを見られてしまう可能性が高いです。電車やバスなどで立って乗っているとき、後ろに自分より背の高い人がいたら簡単に画面を見られてしまいます。また、意外に横や斜めからもスマホの画面は見えますから、メールの内容やインストールしているアプリの種類などを友人や知人、もしくは他人に見られてしまうという可能性があります。手帳型やブックカバー型のスマホケースならスマホを覆うようにして使うことができますから比較的安心です。本を小さく開いて読むような感じで使うこともできますから、周囲から簡単に見られてしまうということ心配がありません。スマホを使っているときは一点に集中しているため、意外と周りから見られていることに気付いていません。手帳型やブックカバータイプのスマホケースを使えば安心してどこでもスマホを使うことが可能です。スマホを机の上などに置きっぱなしにしている状態で電話やメールが入るとそれが画面に表示されます。画面を下向きにしていればまだしも、表に向けていたら他の人にも見られてしまいます。家族や友人、職場の同僚や上司などにも見られてしまう可能性があります。手帳型のスマホケースならそうした点も安心で、使っていないときは本を閉じているような状態になっていますから音は鳴っても画面を見られるという心配はありません。誰も自分のスマホの画面なんて見ていないだろう、と思っている方も多いでしょうが、スマホは画面も大きいだけに意外と目に入ってくるものです。手帳型のケースが利便性が高くなっています。

Facebook Twitter Hatena

RELATED ARTICLE
関連記事

外部からの衝撃から守る 現在では携帯電話に代わってスマホが台頭し、誰もがスマホを持ち歩くようになりました。一昔前だといわゆる「ガラケー」を持っているだけでも周囲の視線を釘づけだったものですが、今では従来の折り畳み式携帯電 […]

2018.04.06

外部からの衝撃から守る 現在では携帯電話に代わってスマホが台頭し、誰もがスマホを持ち歩くようになりました。一昔前だといわゆる「ガラケー」を持っているだけでも周囲の視線を釘づけだったものですが、今では従来の折り畳み式携帯電 […]

2018.04.06

外部からの衝撃から守る 現在では携帯電話に代わってスマホが台頭し、誰もがスマホを持ち歩くようになりました。一昔前だといわゆる「ガラケー」を持っているだけでも周囲の視線を釘づけだったものですが、今では従来の折り畳み式携帯電 […]

2018.03.19

外部からの衝撃から守る 現在では携帯電話に代わってスマホが台頭し、誰もがスマホを持ち歩くようになりました。一昔前だといわゆる「ガラケー」を持っているだけでも周囲の視線を釘づけだったものですが、今では従来の折り畳み式携帯電 […]

2018.03.19

外部からの衝撃から守る 現在では携帯電話に代わってスマホが台頭し、誰もがスマホを持ち歩くようになりました。一昔前だといわゆる「ガラケー」を持っているだけでも周囲の視線を釘づけだったものですが、今では従来の折り畳み式携帯電 […]

2018.03.14
CATEGORY
記事カテゴリー