スマホケース通販CollaBornがiphone,Xperia,GALAXYなど190機種以上対応!
iPhone
Xperia
Galaxy
AQUOS
arrows
HUAWEI
Acer
Disney Mobile
FREETEL
Geanee
HTC
LGエレクトロニクス
Nexus
UPQ
ZenFone
ZTE
Other
ログイン カートを見る お問い合せ
MENU カートを見る

オリジナルのスマホケースを作る方法

Facebook Twitter Hatena
2018.02.20

オリジナルスマホケースの制作方法

携帯電話が普及してしばらく経ちましたが、現在では従来の日本式携帯電話ではなくスマートフォンが主流となっています。従来の携帯電話は既に「ガラケー」と揶揄されるようになりましたし、今では小学生からお年寄りまで幅広い年齢層の方がスマホを所有しています。スマホだと画面も大きいですから動画も見やすいですし、便利で楽しいアプリもたくさん使えるというさまざまなメリットがあります。スマホをそのまま裸の状態で持ち歩いている、という方も多いかもしれませんが、大多数の方はスマホケースを利用しています。現在では多彩なデザインのスマホケースが販売されていますが、できれば誰も持っていない自分だけのオリジナルデザインのケースが欲しい、という方もいるでしょう。しかし、現実的にオリジナルデザインのスマホのケースを作るといったことは可能なのでしょうか。結論から言うと、オリジナルのスマートフォンケースを作ることは可能です。方法は大きく分けると二つあり、一つは専門の業者に依頼してデザインをプリントしてもらう方法と、もう一つは無地のホワイトカラーケースを購入して自分でデザインを描く方法です。前者の業者に依頼する方法だと大量生産にしか対応していないのでは、と不安に思ってしまう方もいるでしょうが、一個から制作してくれるような業者もあります。より自由度の高いデザインが可能になるのは自分で直接デザインをケースに描く方法です。ただ、この方法は相当アーティスティックなスキルがないと難しくなります。絵が得意、デザインが好きという方はこちらの方法が向いています。それ以外の方だと専門業者に依頼してオリジナルケースを作ってもらったほうが無難です。

自分で描く方法のメリットとデメリット

オリジナルデザインのスマホケースを作る方法は二つあるとご紹介しましたが、ここではそれぞれのメリットとデメリットについてご紹介しましょう。まずは無地のホワイトカラーケースを購入して自分で直接デザインを描く方法についてです。この方法のもっとも大きなメリットはコストが最小限で済むということです。業者に依頼するとなるとどうしてもさまざまな経費がかかってきます。業者に作業してもらうための料金はもちろんですが、送料も当然必要となってきます。業者にデザインをお願いするならデザイン料も必要となりますし、自分でパソコンを使ってデザインした場合でもそのデータをプリント可能なデータに変換するためにまた費用が発生することもあります。自分でケースに直接描く方法だとケース代とペンや絵の具代程度しかかかりません。また、デザインの自由度が高いのもこの方法です。業者でプリントしてもらう方法だとデザインを描ける範囲がある程度決まっています。側面はプリントがムリというケースが多いですが、直接手描きする方法だとそのような心配もありません。自由自在にデザインが可能となりますから、文字通り世界に一つだけ、オンリーワンのスマホケースが出来あがります。これも大きなメリットです。デメリットですが、手間がかかるのは仕方のないことです。もちろん、ササッと描いてしまう方もいるでしょうが、デザインによってはどうしても時間がかかってしまいます。また、予備としていくつか同じものを作っておこうと考えるとさらに時間がかかるというデメリットがあります。

業者に依頼する方法

現在ではオリジナルデザインのスマホケースを制作してくれる業者もいますから、業者に依頼することでキレイなオリジナルデザインのケースを手に入れることができます。ここでは業者に依頼してケース制作する上で生じるメリットとデメリットについてご紹介しますからぜひ参考にしてください。大きなメリットとしては、抽象的なデザインを形にしてもらえるということです。もちろん、これは業者によるかもしれませんが、自分が思い描いているデザインを抽象的に説明し、それをプロに形にしてもらうことも可能です。手描きで自分なりにデザインを描き、それを業者に見せてデザインを洗練してもらうということもできます。絵心がない方や自分で全部デザインするなどムリという方にとってはうれしいサービスです。複数のケースを作っておきたいという場合は業者のほうが選択しやすいです。一度原版を作ってしまえば大量生産も可能ですから、その気になればいくつでも制作ができます。販促グッズのような使い方をしたい場合なら業者に依頼したほうが大量生産できるので間違いありません。また、現在では1ロットからでも制作してくれる会社がありますから、一つだけ作りたいというケースにも対応してくれます。デメリットはやはり費用です。手描きでケース制作するのに比べるとどうしてもお金がかかります。どの程度かかるかは依頼する業者によって異なりますが、データ代やデザイン料金、プリント料金などがかかることが多いです。コストパフォーマンスだけを考えると手描きの勝ちということになります。

Facebook Twitter Hatena

RELATED ARTICLE
関連記事

オリジナルスマホケースの制作方法 携帯電話が普及してしばらく経ちましたが、現在では従来の日本式携帯電話ではなくスマートフォンが主流となっています。従来の携帯電話は既に「ガラケー」と揶揄されるようになりましたし、今では小学 […]

2018.07.03

オリジナルスマホケースの制作方法 携帯電話が普及してしばらく経ちましたが、現在では従来の日本式携帯電話ではなくスマートフォンが主流となっています。従来の携帯電話は既に「ガラケー」と揶揄されるようになりましたし、今では小学 […]

2018.07.03

オリジナルスマホケースの制作方法 携帯電話が普及してしばらく経ちましたが、現在では従来の日本式携帯電話ではなくスマートフォンが主流となっています。従来の携帯電話は既に「ガラケー」と揶揄されるようになりましたし、今では小学 […]

2018.07.03

オリジナルスマホケースの制作方法 携帯電話が普及してしばらく経ちましたが、現在では従来の日本式携帯電話ではなくスマートフォンが主流となっています。従来の携帯電話は既に「ガラケー」と揶揄されるようになりましたし、今では小学 […]

2018.07.03

オリジナルスマホケースの制作方法 携帯電話が普及してしばらく経ちましたが、現在では従来の日本式携帯電話ではなくスマートフォンが主流となっています。従来の携帯電話は既に「ガラケー」と揶揄されるようになりましたし、今では小学 […]

2018.06.12
CATEGORY
記事カテゴリー